マダムライブのバナー

気軽なエロ電話出会いを募集している20~30代の女性が多い為、エッチな相手を探している男性に高評価! エロ電話初心者の若い女の子達が次々に入会しています!

ジュエルのバナー
ジュエル 評判:

サクラがいなく安心して利用できる優良エロ電話サイト!恋人募集をしている利用者が多いようですが、大人の出会い募集も少なくはありません。メル友も恋人も見つけられます。掲示板お試し検索あり!

エロ電話に速攻発展!テレホンセックス&ライブチャットの刺激的な使い方!

今アダルトのサービスとして、パソコンのWebカメラを使用したチャット=ライブチャットとでも言うのでしょうか、そのサービスが盛り上がりを見せているようですね。
Webカメラを通して相手の姿を見ながら会話できたりすれば、やっぱり興奮するモノ。
盛り上がっているのもわかります。
と同時に、それとは対極にあるような熟女エロ電話、人妻エロ電話テレホンセックスの市場もまた盛り上がっている気がします。
一時は、出会い系サイトや、SNS系のサイトに押されてしまって、一気に廃れてしまった感じのあるテレホンセックスですが、今、ネットなどを見てみると、その数が復活してきていることがわかります。
ライブチャットと合わせると、そのサイトの数自体は定かではありませんが、かなりの数があるのは事実で、こんなことになっているとは思いませんでした。
この2つのサービスに共通していることは、形は違っても「テレホンセックス」。
このサービスがなぜ流行ってきたかを考えてみると、いくつかの要素があるように思います。
ちょっと今回はその原因を探ってみましょう。

■行程を擬似的に楽しめる
ライブチャットは映像が付いていますし、エロ電話無料直接的に楽しむことができます。
もちろん自宅での使用を想定していますので、すぐに楽しめますし、リクエストをすれば、映像として、ダイレクトに結果として返ってきます。
基本的には女性ひとりに対して数名の視聴者で見る(もちろん場所は別ですが)類いのもので、エッチな会話から始まって、服を脱いでといった行程を楽しみます。
また、電話を使用したテレホンセックスも同様で、もっとマンツーマンの会話を楽しみたい男女が通話サービスを利用する、といった感じになっているのかもしれません。
この行程や手間を楽しむサービスは、なにもこのテーマに限ったことではありません。
いろんなところで、手間を提供するサービスというのはありますよね。
それと同じで、人間というものは、結局は手間が好きなのかもしれません。
手間を楽しむのと、基本的には変わらないのですが、会話の行程、手間の行程を楽しむ、といったことが実は楽しいのだと思います。
山に登るのも、ケーブルカーやリフトで一気に登ってしまうのではなく、その登るという行程を楽しむ、とか、あるできあがったモノを購入するのではなく、そのモノを作るといった行程を楽しむ。
これは誰もが経験したことがあることだと思います。
セックスをする、といった結果はもちろん必要ですが、その行程を楽しむ、ということがこのライブチャットやテレホンセックスの楽しみとして認知されてきたのかもしれません。

■想像をかき立て、時間を楽しむ
顔の表情や実際のハダカの感じがわかるのは、ネットを使用したライブチャットの特権です。
映像として見えているので、ダイレクトで楽しいですし、実際の姿を重ね合わせて想像をかき立てられたりします。
一方、電話を使ったテレホンセックスは、映像なしでより豊かな想像が可能になります。
相手の声から、顔を想像する、今の姿を想像する、体を想像する。
そんな楽しみがテレホンセックスにはあります。
ダイレクトに会えない・見えないからこその想像。
これはやってみないとわからないことです。
もしかしたら、想像だけでは物足りないのかもしれませんし、かき立てられない人もいるかもしれません。
ですが、この想像力を豊かにするといろいろな良さも出てきます。
想像するだけならただです。
双方ともに、即効性のあるサービスと違い、会話によってはどうなっていくのかわからない醍醐味があります。
ライブチャットにしても、脱ぐことわかっていても、そこまでの時間が楽しかったりしますが、相手との相性によっては、会話が成り立たずに盛り上がらないこともあります。
当然、女性側も疑似セックスを目的としてサービスを利用している場合もあるでしょうから、期待しているのは事実ですが、相手に良い印象を持たなければやっぱりそこで終了になってしまいます。
時間をかけて会話をして、手間をかけて、行程をふんで、相手のことを想像していくのは大切な行程のようで、これがライブチャットとテレホンセックスの共通点ではないでしょうか

■この先のサービス
おそらく、電話やインターネットがある限り、こういったサービスや行為自体は決して無くなることはないでしょう。
問題は、どういった層に訴求していくのか、ということです。
1回でもライブチャットやテレホンセックスの楽しさを知ってしまえば、もうこれはリピーターになると思うのですが、新しい層をどうやって取り込んでいくか、ということもあります。
でないと、またすぐに廃れてしまうことになるでしょう。
いちばん良いのは、出会い系サイトなどにちょっと飽きてしまった層です。
ライブチャットもテレホンセックスも、手間と行程と、想像の世界。
実際に出会うという直接的な行動とは真逆のドキドキ感をわかってもらえればきっと取り込めるような気がします。
そして、値段の面でももう少し優遇されてもいいですね。
インターネットや電話を使うだけなら料金は意外と安い、ということがわかれば、もう少し利用者も増えるかもしれません。
こういったサービスは、イメージがカギで、とくに女性向けはそうです。
女性の利用者層を増やせば、男性の利用者は自然にもっともっと増えてくると思います。
配信する側のイメージ戦略を期待しています。